×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Classic Delay (Free.VST)
Classicシリーズと銘打たれた非常にシンプルなプラグインセットの中のディレイ。
パラメーターの数は過不足なく適切に揃えられ、同時に多機能も実現した優秀なプラグインだと思います。

このディレイで面白いのは、ディレイそのもののタイプが変更出来るという点。
TAPE・ANALOG・DIGITALの三種類から選択可能で、DIGITALを選べばいかにもプラグインのディレイらしいハイファイ(逆に言うと無機質)なかかりで、ANALOGだとそれよりややこもった暖かい感じ。
TAPEではチリチリしてテープエコーっぽくなります。
ディレイタイムのテンポシンクも簡単で、ピンポンもスイッチひとつで作成可能。
さらにWet音の変調具合やローカット・ハイカットも設定出来るなど機能は充実しています。
ディレイはこれひとつで行けと言われてもほぼ問題ないくらいなんじゃないでしょうか。

僕がこのプラグインで好きなのは、基本的が機能が揃っているというだけでなく、パネルの大きさのほどよさ(上の画像は縮小されています)や、色調を含めた全体の見やすさ、さらにはマウスで扱っている時の操作感の良さです。
一見音に関係ないことのようですが、そういうところで使っていけるプラグインか否かが結構決まってくるところがあると思うんです。
そういう意味では、このClassicシリーズは非常に安心感があります。
シェアウェアも販売している開発元なので、音質も全く問題なし。

僕は特にこのディレイが気に入っていますが、開発元のClassicシリーズには使いやすい基本的な種類のエフェクトが揃っているので、高級エフェクトセット等お持ちでない方は全部ダウンロードすることをオススメします。
負荷も最小限ですし、優良プラグイン。


Home