×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Cyclone
Cakewalk SONARシリーズに付属のグルーブ・サンプラー。
16個の「パッド」にWAVEファイルを割り当て、指定したMIDIノートをトリガーとして再生するというサンプラーです。
見た感じNI社の「Battery」のようにも見えるんですが、コンセプトはちょっと違うようです。
何が特徴かというと、ACID互換ループファイルの読み込みに対応しているんです。
しかもスライスの並びを自由に組み替えたりスライスごとにゲイン・ピッチ・パンもコントロール出来たりする優れもの。
これに関する評判はそれほど見かけることは無いんですが実用性もアイデア的にもかなり良いプラグインだと思っています。
パッドの発音するMIDIノート・ベロシティを指定出来るのもいいですしパッド部分ではループをホストのテンポにシンクさせるかなどが設定出来ます。

CycloneにはただACIDファイルをDAWに貼り付けるだけでは得られない自由さがあります。
例えば手数の多いドラムループのハットだけ消したり、キックがうるさすぎる場合にそこだけゲインを下げてやったり。
スライスの順番をススっと動かしてやれば簡単に別パターンのループに生まれ変わりますし、スライスごとに別パッドに並べて普通にMIDIを使ってドラムパターンを組み直すなんてことも出来ます(もちろんドラム以外のファイルでもいいです)。

と、すごく便利だし面白いプラグインでお気に入りです。
わりとよくあるのが、ACID互換ループファイルを試聴していて「音は気に入ったもののパターンが曲調に合わず、単発にスライスして組みなおしたい」というケース。
これがCycloneだと簡単に出来るんです。WAVEを読み込んで各スライスをパッドに並べていけばいいだけ。
ループを面白く使いこなしたいという人には使えるプラグインだと思います。


Home