×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

FREEAlpha3
Albinoなどのシェアウェアシンセで定評のあるLinPlugのVAシンセAlpha3の機能限定フリー版。
使える機能が絞られているだけで音はシェアウェアですから、先に言ってしまうと「間違いない」品質であり「ダウンロードしておけ」といったところです。
ですがまぁそれだけじゃレビューにならないので、一応色々書いてみましょう。

VAシンセとしては作りは極めてオーソドックスで、基本的に古いバージョンであるFREEAlphaと似通っています。
4オシレーター、EG付きマルチモードフィルタ、アンプEG、LFO、コーラスエフェクト……
オシレーターの波形も並んでいる名前はFREEAlphaと同様のようです(出音が全く同じかまでは比較していません)
そしてもちろんモジュレーションマトリクスも装備。
このFREE版でいうと、あまり革新的な変化はないですね。
ただしツマミの並びがセクションごとにまとまって扱いやすくなっていたり、モジュレーションマトリクスのスロット数が増えていたりと確実に強力になっているので既にFREEAlphaをお使いの方もバージョンアップさせるのがいいかと思われます。

出音の印象は、やはりFREEAlphaの時と被りますが、整っていてコシがあってクリアでとてもキレイな音です。
デジタルっぽい良さが出ている、LinPlugのキャラですね。
こういう音っていうのは、シンセマニア的な見方をすると「アクというかクセが感じられなくていまいちつまらない」音だったりもするんですが、実際に楽曲に投入するには非常に都合が良く、とても実戦で役立ってくれるものなんですよね。
「オケに馴染みやすい」と書くと何か個性が無いようでネガティブな印象を与えるかもしれませんが、私は非常に大切なことだと思っています。
基本的に守備範囲は広いし、良い音なことに間違いはないと思います。

プリセットは、動きのあるパッドやベースの音がメイン。
このパッド類がかなり面白い音でして、聴いてみる価値あると思います。
すごいオーソドックスなシンセでLFOだって一基しかないのに、モジュレーションマトリクスを駆使すれば色々な音色が作れるというお手本のようです。
深い響きの魅力的な音色群なので、アンビエントやエレクトロニカにも使えそうですね。
ただしフリー版の悲しいところなのか、プリセットの傾向は結構偏ってます。
汎用的なリードやパッド・ベースなんかはあまり入っていませんね。
他のシンセでも一応出せるであろうシンプルなリードでもAlphaの良い音で出したいですし、自分がよく使うような音色の雛形を作っておくといいかもしれません。
あと、FREEAlphaに付いてくるプリセットを読み込むことも出来ます。あちらはかなり音色数も豊富なので合わせて使うのがオススメ。

とても良く作られていて文句の付けどころがないようなシンセですが、個人的にひとつ言わせて頂くと
フィルターのレゾナンスを上げた時のピュンピュンという発振の仕方が、あんまり好みじゃないんですよね。
これも「悪い」ってことはないんですが、まぁ好みによりけりってことです。
基本的には、広く使えるとても優秀なシンセだと思います。

サンプルソング
(リズム以外FREEAlpha3、エフェクトは空間系を適度に使用)

オマケ:今回のサンプル曲で使ったもの+他、Kuroオリジナル音色セット(fxp)


Home